シートの状態の方が切手の買取価格は高め

切手の状態は、大きく分けると2つあります。バラもしくはシートの状態です。

郵便局などでは、切手を複数買う事もあります。購入したばかりの時には、切手は複数が接続された状態なのです。いわゆるシートの状態になっています。
ある意味それは、ジグソーパズルがつながっている状態にも似ています。ジグソーパズルを買ったばかりの時には、各パーツはつながっているでしょう。

ところでパズルで遊ぶなら、各パーツを取り外す事になります。その外れた状態は、「バラ」の切手なのです。もちろん一旦シートから切手を外すと、もう一度つなぐ事はできません。

それで切手を殆ど使うつもりがない時は、できればシートのままにしておく方が良いでしょう。それは切手の価値に大きく関わってくるからです。

そもそも一旦購入した切手は、いずれ売却される事もあります。何かの記念に切手を買ったものの、不要になったので買取店に売る方々も多いです。
それで買取価格が高くなるかどうかは、上述のような状態に左右されるのです。

たいていの買取店では、シートの状態の切手を高く評価しています。もちろん評価が高まれば、買取価格も高くなるのです。

逆にシートから外れた状態の切手ですと、買取店による評価も低くなってしまいます。それでは買取価格も下がってしまうでしょう。
それを考慮すれば、やはり切手はシートから外さない方が良いです。

ちなみに買取店によっては、例外もあります。バラの切手でも高額で買い取ってくれるお店も、中にはあるからです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ